アリの独り言(2018) 
Home
バックナンバー 2017年2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年

2/17(土) 3.災難
 テレビが気にかかってなかなか手が進まない。この独り言は大概家で書くのだけど、机の後ろにテレビがありオリンピックの競技映像が流れ続けている。切ればよいだけなんだけど、、、真剣勝負にはやっぱりいい。しかも4年に一度、人生かけて勝負に臨む姿は競技を越えて惹き込まれる。そのうち俄か評論をしたりして、それが的を得たりするとそれはそれで楽しい。

 さて、今週を一言で表すと災難かな。スタートは農吉から。マイナス10度を超える低温化で軽トラがスリップして側溝にはまり、それを救済に言った僕は、力づくで上げようとして何年かぶりのぎっくり腰になった。ぎこちない動作で家に帰ると父の様子がおかしい。どうも気になり、嫌がる父を病院に強制連行して診てもらうと案の定インフルエンザだった。数日たって今度は妻の様子がおかしい。絶対インフルエンザだと思って病院に行くも検査結果は陰性。ということは過労か?元気自慢の妻が痛みを言うのがどうも気になり、たぶん初めての出勤停止命令を発した。

 妻は2日で復活し(再検査でもインフルエンザではなかった)、いつもの夜作業していると今度は母の様子がおかしい。大丈夫大丈夫という母を強制送還し、翌日病院に連れていくとこちらはインフルエンザ確定のB型。母と父が別々の部屋で隔離生活となった。

 ぎっくり腰がそこまでひどくなく、何とか元気を保っていた僕も、目の奥が痛くなった。いつものパソコン見過ぎなのか、それとも。。。やること山盛りで今休むと色々支障をきたす。耳が痛くなるほどマスクを付け続け、うがい・手洗いをいつもの倍以上繰り返しながら体調が悪化しないことを願う。幸いにして目の痛みも治まり今日現在の体調は絶好調レベル、何とかインフルエンザはかわしたようだ。

 それよりも、一番心配なのは娘の佳穂。2/25、26は大学入試の2次試験で、このタイミングで体調を崩すのはまずい。ここ何年も風邪はひいたことがなく対策もきちんとしていたようだが、昨日から咳をしているのが気になる。どうせなら、いっそ早くかかって、キッチリ治してその日を迎えられればとも思ったりする。さて、どうなることやら。。。

 実は、佳穂の受験日に僕も愛知県豊田市で講演会が予定されている。佳穂の受験地も愛知県。偶然ながら同日・同地域にて親子でお互い真剣勝負に臨む。体調壊している場合じゃないよね。体調管理も実力のうち、実力を目一杯発揮してやりましょうぜ!羽生結弦くんバリにね。

2/10(土) 2.赤点
 予測通り、忙しさだけは一丁前になってきた。やることが重なっても、一つずつ、一つずつと心で念じながらやるべきことをやる。心の平静を以前より保てるようになったかな、なんて思っていたら強烈なカウンターパンチを喰らって心はグラグラになった。

 パンチの正体は試算表。法人化してこのかた税理士事務所に無理をお願して月次の試算表を月初なるべく早めに出してもらっており、それを元に会社の状態を把握するようにしてきた。赤字・黒字はもちろん、分野別の売上や色々な経費、前年との比較など。毎月見ていれば気付くこともあり、どんな手を打つか考える材料にもなる。

 ただ、今期(昨年9月から)は助成金の絡みがあり、お金の出入りが結構複雑になったことや、僕がほとんど会社にいないことが集計作業に影響したり、あれやこれやで試算表の作成が遅れに遅れてしまった。10月以降、全国的な野菜の不作はここ向原でも然りで、出荷農家さんは増えれど出荷量は増えず、取引先も売場に野菜が無ければ減ってしまう。ちょっとヤバいかなという感じはしていたが、ようやくまとまった数ヶ月分の試算表を見て愕然とした。

 詳細は割愛するが、テスト結果的に言うと完全に赤点。前期はほぼ全月合格点できており、一応昨年対比の売上的も下回ってはいなかったので、若干数字は落ちても、そこそこで収まっていると完全に過信していた。利益率の低い売上割合が感覚値以上に増えていたり、経費が予想以上に膨らんでいたりで、ちょっとひどい状況。

 営業マン時代、目標未達の時は会社に帰るのが本当に嫌で、キューっと胃が痛くなる感覚を何度も味わったものだが、ちょっとそれとは次元が違う。存続に関わる問題であり、悩む暇なんて無く、挽回すべく手を早急に打たないといけない。資金はショートしないか、手当の目処はあるか、削れる経費は無いか。

 これも現実。今回はあえて書いている。届いて欲しい人がいる。

 もちろん、今回も乗り越えて、マイナス分を挽回して、より強い会社にしていくつもりである。目指す理想を詠いながら、もう一方でこうして事業を回しているのも事実。

 この会社を作る時、資金が無かった僕は政策金融公庫に事業計画を出し、3年間で黒字にしてきちんと返済していくことを約束して借入をした。一応、ほぼ計画通りに事業を行い、ようやく少しの信用を得ることができた。借金も貯金のうち言う人もいるが僕の考えは違う。返済の大きな責務が発生し、その責務は借入を起こした本人が全て負う。

 だからこそ、本気になれる、心血を注げる、明るい未来が描ける計画を作らないといけない。計画がお金を借りる方便になっては駄目だ。重い話しになったけど、その未来を描くのは特権であり楽しみでもある。

 そして、一人で進むのは限界がすぐに来ることを自覚した方がよい。第一協力者は案外身近にいたりする。本気の人間には、恐らくほぼ確実に、協力者が現れる。

2/3(土) 1.歩み
 遅ればせながら、明けましておめでとうございます。今年も週イチ(基本は土曜日更新)であれこれあったこと、思うところを書いていきます。宜しければご覧下さい。

 まず、予告から。

 今ご覧頂いているまごやさいのホームページですが、3月末に引っ越しする予定です。ホームページだけでなく、野菜を売っている販売サイトも、私のメールアドレスも全部変わります。これは、まごやさい新システム(MAGO-NETと命名)のカットオーバーに伴うもので、時期が来ましたらこのホームページでもご案内します。合わせて販促物関係も新調&リニューアル中。並行してアレコレ進んでおり完全に私の許容範囲を越えています。本当に上手くいくのだろうか。。。

 さて、まごやさいの2018年は餅つきの準備から始まった。これ、自家用の話しではなく、取引先の飲食店の方々を招いての「餅つき交流会」のこと。妻が起案したもので、当初話しがあった時、僕は正直乗り気でなかった。普段お世話になっているお店の皆さんに感謝を伝え、まごやさいを使う(おそらく思考やこだわりが近い)お店同士の交流はきっと喜ばれるはず!できれば実際野菜ができる畑も見てもらいたい、というのが妻の考え。一方、僕は(一応、元飲食店経営者の感覚として)年末まで忙しく年始(開催は1/3)ぐらいはゆっくりしたいはず、わざわざ1時間もかけて極寒の向原にお越しになる方がいるだろうかという懸念がぬぐえなかった。

 しかし、折角現場が意志を持ってやりたいと言ってきたこと、良い機会だと思い実施を了承。僕は指示を受けて案内チラシを作成する等サポートに回った。取引先に配って応募を待ったところ何と10組を越えるお取引先から参加の意思表示があった。1組5名まで参加可能にしており人数にして30人以上のご参加、お持ち帰り用の餅(1臼約1.5升で1000円/丸餅が40個はできます)も全組申し込み、地元の子どもたちもスタッフとして参加してくれて何とも賑やかな交流会となった。次回の開催を望む声も多数いただき、早くも次回の企画を考えている様子だ。

 1月中旬にはアンケートを実施した。これは広島大学との共同研究の一環で、まごやさいの出荷農家とお取引先飲食店の実態調査のためのもの。結構ボリュームのあるアンケートでA3両面にびっしり質問項目が書いてある。内容を見た時にまず浮かんだのは「本当に書いてもらえるだろうか」という懸念。回収率50%を越えたら上出来だと思い回収目標をそれぞれ20部に設定。ご協力の案内文を添えて農家さん・お取引先に配布したところ、何とそれぞれ90%を越える回収率になった。農家さんは40軒配ったうち1軒の除き期間内に回収。少し遅れてその1軒もお持ちになられたので実質100%、内容もしっかり書いてあり、実際にご覧になった大学の先生はその質の高さに驚かれていたようだった。お取引先もしかり、率直なご意見も多数書いて頂いており、今後の事業運営の大きなヒントにもなりそうだ。本当に素晴らしい農家さんと飲食店さんに我々は支えられていると改めて思った。

 農吉は昨年と同じペースで行っており、2月から事業の転換を図っていく予定。1月下旬には南伊豆に導入頂いたシステムが実稼働し始め、九州の新規案件も実証実験が2月から開始された。何だか怒涛の2月の予感、ここを乗り切れば彼方を見渡す地平線が見えてくるかも。

 たぶん、越えてもまた更に高い山があるんだろうけどね、それはそれで楽しみ。越えないと見えない山がある。あれこれあるのを言い訳にして、全部中途半端に、やったことだけで満足したりしたら駄目だ。焦らず、こんな時こそ一歩一歩、着実に歩みを進めたい。

 皆様、今年も宜しくお願いいたします。

Home
Copyright (c) 2009,Yuichi Arimasa