#13 素敵な出会い


夫がネットでいろいろ検索していたところあるHPにたどり着いた。

重信川・泉わくわく通信

夫と長男が、なにやら熱心に見入っている。
「おい、これ見ろよ。すごいぞ」
夫の声に私も見に行くと
長男がよく遊びに行く泉や重信川のことを
とても詳しく紹介しているHPなのだ。
しかも川魚や周辺の昆虫の観察日記のようなところまである。
つまり、魚好き昆虫好きの長男にはたまらないHPなのだ。

ある程度みていたところで
長男が「あのおじさんかも知れない」と言い出した。
「この間泉で写真撮ってた人がいたんだよ。
柴犬みたいな犬連れてた。ねぇお母さん
泉で亀を捕まえてそのおじさんに見せたんだ
メールして聞いてみてよ」
というわけで、思い切ってメールしてみた。

翌日メールが来た。
「残念でした。我が家では犬は飼ってません
こんなおばさんを見かけたら声かけてくださいね」
と、ご本人の画像付きメールがきたのだ(^_^;)

長男に
おじさんじゃなくておばさんだったみたいよ。
この人見たことある?」
と聞いてみたが、本人に心当たりはないようである。

だが、ちゃんと長男の名前宛てで返事がきたことがうれしかったようだ。
たとえ人違いでも・・・

以前、長男がドンコという川魚を捕まえてきて
いろいろネットで検索していたとき、同じ市内のある方のHPにたどり着いた。
川魚専門に育てていて、国産のドンコが手に入らなくて
中国産のドンコを飼育しているという内容だった。
それなら、うちのドンコをもらっていただこうかという話になりメールをしたのだが
3週間待っても返事はこなかった。

今にして思えばウィルスがはやってた時期に
添付ファイルつきの知らない相手からのメールは見ないのが常識なのだが、
毎日のように長男は返事を待っていたのだ。
今回も返事がくることを、半分期待してなかったのだと思う。

それがご本人の顔がばっちりわかる画像つきの返事がきたので
うれしくてしょうがないのだろう。
昨年の秋に近所の泉で釣った大きななまずとの得意げなツーショットの画像を送った。
「泉で遊んでいるの見かけたら声かけてくださいね」と付け加えて・・・

「でっかいなまずですね」と返事がきた。
お言葉に甘えて泉マップなるものまで送っていただいた。

これが、「水をきれいにする会」事務局代表の武井 糸さんとの出会いである。

一度たずねてみてほしい。
pepomamaファミリーのすむ地域を垣間見れるかもね(^^♪

重信川・泉わくわく通信


           
債務整理太陽光発電