2009年3月


     

名無しのミニカトレア  通称「ゴージャスちゃん」


今から10年以上前のことになりますが、いただいたカトレアが咲いたのに気をよくして

当時NHK趣味の園芸でミニカトレアは初心者向きと言うのを見て

ホームセンターの片隅で130円で売られてたミニカトレアの札の付いた鉢植えを5鉢連れ帰りました。

今にして思えばCP苗から一株ずつ植え替えたばかりの苗だったのではと思われます。

赤やオレンジや黄色等のきれいなカトレアの写真の札が付いていたのですが、

それもよく考えてみれば大輪の整形花でミニカトであるわけがないわけで(^_^;)

蘭、初心者の私にはそれすら気が付かず育ててました。

何年たっても花が咲かず、やっとシースが見えたと思ったら息子達にポッキリとバルブから折られ(ToT)

せっかく蕾が見えてきたのに咲く前にまたもやポッキリ(ToT)

やっとまともな花が見られました。

でもペタルがうまく開かなかったり、リップをかみこんで縮んだり、さかさまに咲いたり・・・

でもやっと花が見られたからよしと言う事で(^_-)-☆



左から名無しのパフィオ、Den. aggregatum、Slc. Ken Dream 'Dogashima'


パフィオは2輪咲いてるのですが180度逆向きに咲いてます。揃ってこっちを向いて咲いてくれたらよかったのですが(ToT)

アグレガタムは花芽が出始めた時の水遣りに失敗して1花茎しかまともに咲かせられませんでした。

これも反省しないといけないですね。


ケンドリームはカイガラムシと戦いながらの開花となりました。これが最後の画像にならなければいいのですが・・・


  


左からDtps.Chain Xen Peawl 、 Phal. サクラコ


愛媛蘭展で連れ帰った
Dtps.Chain Xen Peawl未だになんて読むのか分かりません(^_^;)

いつも輪数は少ないですが、咲いてくれるだけでOKなのです(^^♪

サクラコはいい夫婦の日に夫に買ってもらったのですが、毎年たくさん咲いてくれます。

毎回一株から2花茎伸びる性質のようで1花茎に20輪ぐらいは咲いてくれます。

小輪多花性で存在感バッチリです。



      
      


債務整理太陽光発電