2007年 卵からの成長記録



6月11日
9日から産卵の気配があったので気にかけていました。

早朝5時から8時ぐらいの間に

出目金のアカちゃんが何回かに分けて卵を産みました。

水草やネットなどに付いていた卵を

親金魚たちとは別の入れ物へ。

親金魚たちの入れ物の底にもビーズを引きつめたように

卵が散らばっていましたが

それは回収せず、親金魚たちに食べてもらいました。

50匹ぐらい孵るといいなぁ(*^_^*)



6月13日


卵の中に黒い目のようなものが見えてきました。

わかりますか?

点々ってあるでしょ。














卵から尾のほうが出てるの解りますか?

尾の方から出てくるんですよ。

がんばれ〜\(^o^)/










早い子は11日の産卵から2日で孵り始めました。

卵から出てきたばかりの稚魚です。

ほとんどメダカ状態ですが、

これからどんな色や形になっていくのか楽しみです(*^_^*)

230匹までは数えられました。



6月26日
まだ色は付いてきませんが、

よぉ〜く見てください。

ほら、尾びれが開いて金魚らしくなってきたでしょ(*^_^*)

個体差があって尾びれがフナみたいなのもいますし

大きさも生まれたときは3〜4ミリだったのが

7ミリ〜18ミリぐらいと差が出てきました。

毎日ミジンコ捕りに奔走してます。



7月5日

今朝起きたら3つに分けていた入れ物のうち

ひとつの入れ物に異変が・・・

なんとエアーを送るチューブが抜けていて、

酸欠による全滅(ToT)

親金魚たちのほうには

エアーを送ったりはしていないのですが

稚魚のほうは密度が高いので送っていたのです。

残りの二つの入れ物に入っている稚魚を

一緒にプラスチックの衣装ケースに移動。

数えたら186匹いました。



全体的に白っぽい子が多いのですが、

一匹だけ真っ黒ちゃんがいて

まるでレオ・レオニのスイミーのようでしょ(*^_^*)

母親がキャリコ出目金のアカちゃんなのですが

父親候補が4匹・・・(^_^;)

コメット1号とキャリコ出目金のシロちゃんと

出目金と和金のハーフのコイちゃんとクチベニちゃん。

これからどう変化していくのか、

ますます楽しみです。



7月15日
かなり個性が出てきました。

今日は衣装ケースから

容量120リットルのたらいに移動しました

最近はミジンコが捕れないので、

ほぼ100%人工飼料になっています。



7月24日
稚魚たちも日に日に人懐こくなってきました。

次男が入れた指を餌と思ってか突っついてきます。

逃げる様子はありません。

撫でられる様になるのも、もうじきですね(*^_^*)



8月4日
たまには横からの画像も、

と言うわけで水替えのついでに透明な容器に移してみました。

黒い大きなぶちの入っている子は長男のお気に入りです。

左下の黒目の白い子は私の一番のお気に入りです。

ただこの黒目の白い子は最初たくさんいたのですが、

だんだん☆になってしまい、

この1匹だけになってしまいました(ToT)

白系は弱いのでしょうか?



9月1日




8月20日から26日にかけて、

多くの里親さんに稚魚たちが貰われて行きました。


我が家には長男セレクトの4匹だけ残しました。


画像ではわからないと思いますが、

いずれも何らかの欠点を持ってます。


たとえば口の奇形。


これは昨年生まれた子達にも見られたのですが

通常、金魚の口ってパクパクしてるときは

○の形になってると思うですが、

口の一部分が内側に折れ込んでるんです。

「>」こんな形に・・・


他には胸鰭も左右で大きさが極端に違ってて、

左側はきちんとしてるのに、

右側は体に張り付いてあまり動きません。


人間で言うなら左腕はきちんと動くけど、

右腕は変な風に折れ曲がったまま胴体に添っていて、

少し動く程度と言ったところでしょうか。


後は左右の目の大きさが違ったりしてます。


長男的には、色と、丸っこい体の形と、

ひらひらの尾びれに重点を置いて選んだようです。


いろんなサイトを見て回ってみましたら

産卵から孵るまでの日数によって

奇形の子が生まれる確率に違いがあるのだそうで

早く孵ると奇形になる確率が高くなるそうです。


今回、家の子達で早い子は

2日で孵りました。

昨年も3日ぐらいで孵ったと思います。


あと、フナ尾とヒラヒラした尾の子は

一緒にしてはいけないそうです。

どうしてもフナ尾の子の方が泳ぎがうまいので

餌の取り合いでヒラヒラした子は負けてしまうのだとか・・・



来年の産卵までには

いろいろ対策を考えなければと思っています。



2007年の稚魚の成長を

最後まで見てくださってありがとうございました。

最後にうちの金魚を快くもらってくださった里親の皆さん

皆さんにもらわれていったうちの子達は本当に幸せだと思います。

本当にありがとうございました<m(__)m>

さんから素材をお借りしています。

         

債務整理太陽光発電