2008年 卵からの成長記録



5月6日〜8日
小さいけど丸い卵、解るかなぁ?

今年も産卵が始まりました。

去年、一昨年と6月に産卵を経験していたので、まさか今頃とは・・・

あわてて一部を隔離しました。

母親は桜ダルマリュウキンのサクちゃんと出目金のアカちゃん。

父親は出目金のシロちゃんとチビちゃんです。



5月15日
やっと生まれました(^_^)v

赤いネットの中にメダカのような子が2匹。

解りますか?

去年一昨年と、産卵から孵化まで3日ぐらいだったのに、

今年は1週間たっても孵らずあせりましたが

やっと孵り始めました。

ミクシィ内の金魚のコミュニティで相談したところ、

水温12度の場合13日間、16度の場合孵化に7日間かかるそうです。 



5月30日
針の先のような子だったのが、

だんだん金魚らしく尾びれがヒラヒラとしてきました(*^_^*)

個体差がでてきて、これからが面白くなります。



6月12日
第2弾の稚魚たちが孵化し始めました。

6月9日にタンチョウのレッド♂とヘッド♀のペアが産卵しました。

ごちゃ混ぜ水槽の中でも産卵があり、それを隔離。

今回は早く孵化し始めました。

水槽にへばりついてる稚魚もかわいいです(^^♪

後日数えましたが、273匹いました。

稚魚第1弾が57匹でしたから、合計330匹になりました。



6月13日
稚魚、第1弾はかなり個体差が出てきました。

左側尾びれがヒラヒラの子

右はフナ尾の子

今回は57匹中、フナ尾が4匹で53匹がヒラヒラなの(*^_^*)

これからがまたまた楽しみです。



7月12日


稚魚第2弾も色が付いてきました。

ごちゃまぜ水槽のはっきり親がわからない子達と

100%タンチョウの子達が一緒です。

まだタンチョウの特徴ある色の子は1匹も見られないけれど

これからの変化が楽しみです(*^_^*)








稚魚第1弾たちは個体差がはっきりしてきました。

尾びれに黒いスジスジ模様が入った子

出目になってきた子

白くて黒目の子

キャリコカラーのきれいな子

尾びれの開き具合が絶妙な子

第1弾は本当にきれいな子が多いです。

卵から孵化するまで時間がかかって心配したけれど

奇形の子も少なく、上出来です(^_^)v



8月23日

我が家で今年孵化した金魚の稚魚たち。

無事に大きくなったのは212匹。

そのうち里親さんにもらわれていったのが79匹。

子ども会の金魚すくいに寄付したのが131匹。

そして我が家に残したのが左の2匹。

通称、黒ブリちゃんと白ブリちゃん

メタボなおなかがチャームポイントです(*^_^*)






2008年の稚魚の成長を

最後まで見てくださってありがとうございました。

最後にうちの金魚を快くもらってくださった里親の皆さん

皆さんにもらわれていったうちの子達は本当に幸せだと思います。

本当にありがとうございました<m(__)m>

さんから素材をお借りしています。

        
債務整理太陽光発電