漢方の養命庵 中野薬局


クマ笹抽出液「ササヘルス」
ササヘルスは、高原地帯に自生し、清浄な水と大地に育まれたクマ笹の有効成分を抽出した医薬品です

1本 1800円(税別)
3本 5000円(税別)
6本 9300円(税別)
12本 17000円(税別)
効能・効果 疲労回復、食欲不振、口臭・体臭の除去、口内炎
用法・用量 通常1日3回、1回2〜3ml(小児半量)を冷水、茶、牛乳等にて適当に希釈して服用。
症状により適宜増量。
成分 クマ笹の葉の抽出液


クマ笹には、葉緑素、多糖体、リグニンなどのほか各種有効成分がバランス良く豊富に含まれています。

葉緑素
クマ笹の葉緑素は、中心のマグネシウムを銅や鉄でおきかえることにより、安定化されます。このクロロフィリンには、細胞組織を活性化する作用があります。また、クロロフィリン摂取により、赤血球の酸素消費量が増大し、赤血球の働きが活性化されます。これらの働きには、鉄クロロフィリンが最も有効であると言われています。
葉緑素の作用
1.細胞賦活作用
2.創傷治癒促進(肉芽形成促進)作用
3.造血作用(骨髄刺激作用)
4.新陳代謝促進作用
5.末梢血管拡張作用
6.殺菌・制菌作用
7.抗アレルギー作用
8.抗ストレス作用
9脱臭作用
多糖体
多糖体とは、一般に単糖が鎖状につながった高分子で、分子量は数万〜数百万に達します。活性のある多糖体は、細胞膜や結合組織を形成する構造多糖体であり、デンプン、グリコーゲンのような貯蔵多糖体と異なり、カロリーはありません。
多糖体の作用
1.細胞膜修復作用
2.免疫反応賦活作用
3.粘膜保護作用
4.脱コレステロール作用
多糖体には免疫賦活作用があり、ガンの予防、治療に用いられています。1960年代に入り、ガンの免疫療法の基礎研究がさかんにおこなわれるようになり、植物由来多糖体の抗腫瘍性に関して、相次いで報告されました。
そのうち、笹、菌類(サルノコシカケ、シイタケなど)、地衣類、酵母、細菌などの多糖体が、生体自身の免疫活性をあげることによって、抗腫瘍性を発揮することが発表されています。
クマ笹多糖体のガンに対する作用の一つは、人間がもともと持っているガンに対する免疫力を高め、自分の力でガンを抑え込むという免疫療法としての免疫賦活作用です。
もう一つの作用は、ガン細胞の細胞膜に作用してガンの増殖をストップさせる作用です。
正常細胞とガン細胞を一つずつ別にシャーレに入れ培養します。
正常細胞は増殖して、細胞がシャーレにきちんと一列ずつ並ぶと、そこで増殖は止まります。しかし、ガン細胞は養分のあるかぎり増殖し、腫瘍をつくります。この能力の差は、細胞膜に原因があるといわれています。
正常細胞では細胞膜に鍵と鍵穴の構造があり、これがお互いにはまることにより、横の連絡を取り合い、増殖をストップさせるのです。この鍵は、この多糖体でつくられているといわれますが、ガン細胞はこの多糖体の鍵の部分が失われているため、横の連絡ができずに、とめどもなく増殖するのです。
リグニン
クマ笹の有効成分の一つに、リグニンがあります。木質部の細胞壁に沈着し、木化細胞壁の主成分となっている高分子化合物のことで、コニフェリンなどが重合したものと考えられています。
リグニンの作用
1.抗腫瘍作用

ササヘルスを飲んだお客様からのお声
  • 肌荒れが気になり飲み続けていたら、調子がいいのでうれしい。
  • 胃痛で飲み始めて、食事も美味しくなり、大変良かった。
  • のどの痛みで飲み始めたら、良くなった。さらに便通も良くなった。
  • 口内炎の回復が全然違う。
  • 乾燥しているうえに暖房を強くして寝たら、朝、のどに違和感があったので、ササヘルスでうがいをしたら昼過ぎには治ってしまい、助かりました。
  • 忘年会の前にはササヘルスが一番!
  • 子どもの口内炎にササヘルスを飲ませたら3日目に治ったのでびっくりした!
  • アレルギーで湿疹に悩まされていたが、だいぶ軽くなってきて喜んで続けていたところ、気管支喘息も持っていたが、これも楽になった。ササヘルスはもう手放せない存在!